テレレの歴史は結構長い | テレフォンレディであなたも効率的に高収入を得よう!!
menu

テレレの歴史は結構長い

トランクにもたれかかっている女性

テレフォンレディのちょっとした歴史のお話です。
まああんまり興味がない、という人は読み飛ばして貰っても大丈夫です!!

かつてはツーショットダイアルなんて名前で呼ばれていたようです。
ツーショットというのは「デート」の俗語で、電話を使ったデートという意味でしょうか。
要するにテレクラで、男性側がお金を払って女性(素人、あるいはサクラ)との会話を楽しむという形式でした。
これが盛んだったのはダイヤルQ2がまた現役だった時代……ひと昔もふた昔も前のことです。
それも2000年代初頭に様々な規制もあり、一気に減少していきました。
素人の女性がお小遣い稼ぎに利用していた背景があり、また若年層が利用することへの懸念、利用請求額の増大などもその原因とされています。
それから様々に形を変えて今に至るというわけです。あれほど広く利用されたダイヤルQ2もいまや無くなってしまいましたね。
今では素人ではなく「テレフォンレディで働いている女性」として電話を行なうことがほとんどですし、利用する男性もそのことを割り切っています。
電話を利用したキャバクラや風俗店、という言い方をすると分かりやすいでしょうか。
商売であることを男性が理解したうえで、お金を払ってでも女性と会話を楽しみたいという需要を、かなえるためのものなのです。